演奏のためのヒント

イメージ力って結構大事だよ

皆さんは音楽を聴きながら頭の中に光景などのイメージは出来ますか?

例えば私であればいろんな風景が浮かびます。

そして、そこにはどんな風が吹いているかとか

どんな光がさしているかとか

どのような色彩なのかをイメージが浮かんできます。

 

小説など本を読んでもイメージできるように

音楽でも同じようにできます。

よくそんな抽象的なこと言われてもな~

と思うかもしれませんね。

 

で、時々私は具体的な指示ではなく

「ここは階段からボールが転がり落ちてくるように」とかよく使います。

それがイメージできなければ、実際にやってみる、

とか、また最近は動画が観放題なので検索してみると良いでしょう。

キーワードは多分「ボールが落ちてくる、階段」で出てくるのではないでしょうか?

 

そして、そのボールを観察してみる。

ボールは多分跳ねながら軽やかに階段を落ちるでしょう。

ボールを音符に置き換えてみると面白いですよ。

 

そんな風にして音に表すことをすると

じゃぁ、軽い羽根はどうなんだろう

とか、いろいろ想像できます。

 

これらはほんの小さな気づきかもしれませんが

表現の幅はそうやって広くしていけるんですよね。

 

是非、試してみてください。