Top

札幌の笛吹き、佐藤良枝のWebサイトへようこそ!

フルートを吹く
吹き始めの音を出すときは

一本の元気な木のように、
大地から上に向かって太くて真っすぐな息を吐こう

息で音の変化を楽しむ
ゆっくり吐いたり
スピードのある息にしてみたり

いろいろなリズムを刻んだり
音符を音にする
表現する

今日はどんな音が出せるのか

フルートは楽しい!

Like the Wind–風のように

調べてみると風にはなんと150種以上もあるらしい。 そよ風、強風、突風、微風、冷風、音風、、、等々。 フルートなどの吹奏楽器は息が必要で その息が様々な風を起こさせ 、それが歌口にあてることで音が出る。 風の勢いによって音色や音の強弱が表現できる。 人が起こす様々な風はまた沢山の音色になる。 その人にしか出せない音が限りなくある。 そこから沢山の表現の可能性が生まれるのは面白い。 これがこのサイト名の由来となりました

ヘッダの画像について

2020年に発生した疫病で人は沢山の制限の中で生きることになりました。そんな中でも希望と心の自由を失わずにいたい、という想いがあります。この画像はデイジーという花で、花言葉は「希望」ということから選びました。

サブコンテンツへのご案内

・動画コンテンツ→フルート中心とした曲や情報を配信(2021年スタート)

・Twitter→日々のつぶやき、掲示板のように使っています

・note→ファルベの小品集を扱った配信動画の解説

・ファルベのWebサイト→2017年より活動しているピアノとのデュオサイト(こちらのページからファルベの動画チャンネルへ飛ぶことができます)