佐藤良枝/プロフィール

Yoshie Sato

サイトタイトル:Sa_la(本名:佐藤良枝・・・HNの由来は佐藤の「佐」と良枝の「良」をとってみたときの音を利用してます。)

札幌在住の笛吹き(フルート、クリスタルフルート、オカリナ等が専門)。
4歳で、ヴァイオリンを習ったのが楽器との出会い。その後いろいろな楽器と触れ合い、8歳の頃にフルートの手ほどきを受ける。

音楽業界に入った当初から北海道にクラシック音楽をもっと身近に気軽に親しめるような音楽会をと、道内各地にてサロンコンサートを数年間に渡り開催し、好評を得る。ピアノの他、ハープやギターとの共演多数。活動歴はこちら。1998年頃、NHK・FMにてクロード・ボランの組曲を聴きジャズとクラシックの融合された音楽に魅せられ、1999年よりこの曲を紹介するため、数年間に渡りシリーズ展開する。当初はピアノとのデュオで演奏して、大変な好評を得たことから、2002年よりオリジナル編成(フルート、ピアノ、ベース、パーカッション)にて「佐藤良枝の贅沢な夜」シリーズで展開。その影響で、Jazzや、ジャンルにとらわれない音楽を追求するきっかけとなった。2005年にはクロード・ボラン「組曲第1番」(7曲中6曲)を収録したCD"Sentiment"をリリースした。その影響もありJazz理論アドリブ奏法を学ぶ。

現在は、ボランのクロスオーバー作品「組曲第2番」を紹介するほか、jazzミュージシャンとの共演と、様々なクロスオーバー作品を仲間と共にアレンジし演奏し好評を得ている。
最近では、笛族と打楽器族でのサウンド創作プロジェクトチーム"un Son de la Lumiére"、またクラシックでは中山耕一氏率いる”アンサンブル・グレーヌ”のメンバーとして活動を広げている。
YAMAHAのPMS講師の他、クリスタルフルートやオカリナなどの指導、演奏もしている。

<その他の情報>
2001年自身の演奏における緊張とストレスに関して研究の一環として日本産業カウンセリング・カウンセラー養成講座を受講。そこで学んだ中で自律訓練法を自己のトレーニングやレッスンに取り入れている。
趣味は笛を吹くこと、読書、森林浴、デザイン。


フルートを小松昭五、細川順三、中山耕一、三村園子に、ジャズ理論・ノウハウを泉功一郎各氏に師事。
現在活動中◆本格派クラシックフルートアンサンブル”アンサンブル・グレーヌ”
2016年11月ピアノとフルートが奏でる本格クラシックデュオ”Farbe(ファルベ)”始動!

Copyright©2003- sala.corylus3.com All Rights Reserved.http://f-tpl.com